第10章「天」の存在 、あとがき

HOME第10章「天」の存在 、あとがき

第10章 「天」の存在、あとがき

以下は、私が「天」の存在について知り得たものをお伝えするもので、一部推測(アンダーライン)によるものがあります。 

                                                                             

.                                          「天」の 存 在と は                                

.                                        

   1. 宇宙の創造主。天界宇宙の運行、摂理を司る主。宇宙から生命活性エネルギー(天
 行力)を流していただいている主。  

   2.12次元に位置する光の塊。人間は、天の魂の1粒を宿して誕生し、死後その一粒  

          が光の粒となって天の元へ還る人もあると言う。                           

   3.大自然そのもの。全て。大自然の「法」を司る主。「地球環境は人間環境である」を

         示している主。人間は、天に心臓を動かしていただき、生かされている存在。     
 4.人類の第1、第2、第3の救済者、釈迦、キリスト、法源(法主さま)を誕生さ
   せた主。

         人間の使命とは、①出会った家の5代前の先祖の生きざま、死にざまの大掃除、    

         ②自分自身の人間生命体の完成、③子孫の繁栄(人類救済)を示している主。      

   6.「自分以外の人のために生きることが出来れば、問題を必要としない自分になれる」

         を示している主。                                                            

   7.人生卒業のときの採点を行っており、死後の行き先を決めておられる主。          

   8.人類を進化させ、人類救済を何が何でも成し遂げさせようとされている主。        

   9.「般若天行」、「頭を取る修行」を示している主。                                 

  10.「真理とは、実証されてこそ真理なり」を示している主。                         

  11.   「目に見えないものを見よ!耳に聞けないものを聞け!成(い)
    かされ成(い)かす法源(ちから)を発見せよ!」を示している主。                                                                        

                                                                               

                                                                               

 

                                                       

 

.                                   

 

近年、科学技術の進歩は目覚ましく、自動車の無人運転も近く、人間生活そのものが機器にコントロールされる時代になって来ています。産業の発展のために便利さを追求するため、人間生活が時間的に忙しく、心にゆとりを持ちにくい時代になって来ています。

また、医学や化学の進歩も目覚ましく、最近では、遺伝子組み換えを医療に適用する研究もあるらしく、これらに不安を感じている方もいらっしゃると思います。

最近のラジオニュースで、子供のいじめの問題を上手に解決する方法が見出せないことを知り、私が知っている方法があることをお伝えしたかったことが、本文を書き始めた動機です。                 さて今,なぜ「天」(創造主)が「人類の第3救済者」をこの地上の日本に誕生させ、メッセージを伝えようとしているのでしょうか。法源法主さまは、「人類最後の救済者」と言われています。法主さまがご存命の間に、法主さまがおられなくてはできない全てのこと(「頭を取る修行」参加など)をやり終えておくようにいたしましょう。これからはもう、輪廻転生は行われないとも言われています。しっかりと進化することがとても大切です。
今、起きている「いじめ」や「天災」「人災」の諸問題を解決することができるかどうかの「カギ」は、私たちが「天」の存在に気づくことが出来るかどうかにかかっていると私は見ています。皆さんはどうお考えでしょうか。
この地球の未来を考えたとき、人災で生活することさえ困難な事態がやがて来る。また、天災によって地上は壊滅的な打撃を受けてしまうかも知れない。その結果、この地球を未来の子供たちに(のこ)してあげることが出来なくなってしまうのではないかと想像されたのです。この状況を変えるために、私が知っていることをお伝えしなければと思い。そして、皆さんとこの地球を救う(おも)いを共有することができれば、そして、皆さんお一人、おひとりの(おも)いを結集することでこの美しい星・地球を未来の子供たちのために(のこ)してあげることができるのではないかと思ったのです。皆さんが、本文をお読みになって、お一人、おひとりが「人のために生きる人」になって頂くことが出来れば、この美しい星・地球を未来の子供たちのために(のこ)してあげることが出来るのではないかと思っているのです。

2019年 3月 吉日

                                                               白鳥  

  .                                                                                                                                                                                                                                                                                                          
                                                                            

第10章 「天」の存在、あとがき

 白鳥 匠                                                                                                             
1944年東京生まれ。 本所工業高校、明治
 大学工学部を卒業、不二ブラスティック工業
 ㈱に就職、日本フルハーフ㈱に15年間勤務
 し、55歳で退職。宗教法人法の華三法行に
年半出家し、在家となり、現在は第3救済
喜徳会の会員                           

お問い合わせ
ページトップに戻る