第5章 天災、人災を必要としない人になる        

HOME第5章 天災、人災を必要としない人になる        

第5章 天災、人災を必要としない人になる

第5章 天災、人災を必要としない人になる(続)

近年益々、天災、人災による被害が拡大していく傾向にあると思われる。天災の原因の1つは、地球の温暖化にあると考える人もある。また、地殻変動の周期的なものによるとの報告もある。他方、別の考え方として、宗教的見地からの見方もある。
『天』は、「地球環境は人間環境である」を示しています

この地上に住む人間の首から下の無意識の「(おも)い」がマイナス=イライラ、苦しみなどが多ければ多いほど「地球環境」は悪化を増していくと言われています。

『天』は、「人間の使命とは、①出会った家の5代前の先祖の生きざま・死にざまの大掃除 ②自分自身の人間生命体の完成 ③子孫の繁栄(人類救済)を示しています。
人間の使命①「出会った家の5代前の先祖の生きざま・死にざまの大掃除」を考えてみると、銃乱射、殺人、難民の増加、国家間・国内での紛争など、この地上の出来事を見る限り今の地上の人間の「生きざま」は汚れていく方向に進んでいるように思われ、自然災害が増加していくように思われて仕方がないのです。このままの状態を続けていけば、「地球環境」は壊滅的な状態になってしまうのではないでしょうか?河川の護岸工事など、国土強靭化を進めるだけでは、とても対応しきれるとは思われません。
地球環境」が壊滅的な状態になってからでは遅すぎます。
この状態を転換出来る方法は,、「頭を取る修行」に参加し、この地上の皆さんの首から下の「(おも)い」はよろこびが源き上がって来る人になり、「真の自分がない人」になることで、「人間生命体」を「進化」させるしか方法がないと私は思っているのです。

 

第5章 天災、人災を必要としない人になる(続)

さて、『天』は「自分以外の人のために生きることが出来れば、問題を必要としない自分になれる」を示しています。

私はこれを、「真の自分がない人になり、自分以外の人のために生きることで、天災、人災を必要としない人になれる」と解釈しているのです。「真の自分がない人」になる方法は、第4章を読んでいただきたい。また、「自分以外の人のために生きる人」とは、第4章で「真の人間事行(業)家」など、世の中に貢献できる人を指しています。

「人災」の例として「いじめの問題」を考えてみると、「いじめ」に出会う人と出会わない人がある。「よろこびが源いている人」と「いじめの人」とでは、「(おも)い」の波動が違うためにお互いに引き合わない。従って、「いじめ」に出会わないか、もしくは出会ってもすれ違ってしまうのです。

「天災」の実例を挙げれば、東日本大震災の時、私の知人のお子様とお友達一人が海岸から歩いて15分ほどの所の家にいて、津波が押し寄せたとき、その家はどうなったか?

結果として津波は、家の玄関先1メートルの所まで来たのみで、家は全く被災せず、2人は無事でした。私の知人とは、第3救済慈喜徳会の方で、お子様の母親です。[親と子には、(おも)いで繋がっている特別な関係があるのです]この様なことが実際にあるです。

また、阪神・淡路大震災、その他の地震や水害にあった地域の人の話を聞くことで、「頭を取った人」の被災状況は、他の人とは比較できないほど無事であった事が報告されています。

ですから、この地上の皆さんが、「頭を取り」、首から下の「(おも)い」は、よろこびが源き上がってくる人になることで、「真の自分がない人」になる。そして、「自分以外の人のために生きる」ことで、「天災、人災を必要としない人」になれるのです。ただ、「真の自分がない人」であるためには「般若天行」を繰り返し続けていることがとても重要なのです。

お問い合わせ
ページトップに戻る